自由が丘ブラン
HOME > コラム > 歩んできた道 > 私の歩んできた道~プロローグ

私の歩んできた道~プロローグ

私どもの食品業界は、古くからある業界です。

先人たちが積み上げた功績は感じておりますが、

現在も、合理的とは、到底思えない古い慣習がはこびっています。

会社を創業して15年。
もう、20年、この業界のことを見聞きしてきました。

昨日、ある人から、昔の話を書くことのアドバイスをいただきました。
長らく封印していましたが、書いてみようと思います。

父が製造側で、我が家に来た大人たちの人間模様を子供のときから見ていました。

まったく、この不条理、非合理を打破したいと考えてきました

例えば

いくら商品が良くても、接待しないと、納品ができません。


ですから、いくら提案しても。

「商品いいだけどね(ため息)あそこの売り場は、もう○○社で決まりなんだよ」

こうなります。

企業が戦略として、顧客の囲い込みに成功しているからいいじゃないか
といわれる向きもあると思います。
売り場は、たとえ民間企業でも地域の食を支える社会的な責務もあるから、
担当者と業者の関係のみで決められ、歪められることへの疑問があります。

懸命に努力しているレベルの高いメーカー様の商品を、スムーズに社会に出すことの責任があると感じています。
私は、当然、社会の中にいる訳ですから。