自由が丘ブラン
HOME > コラム > コラム , 新商品 , 新着情報・お知らせ > 《コラム》会社の食事には、調味料コーナーが必要だ

《コラム》会社の食事には、調味料コーナーが必要だ

「食事が変わると、仕事もより良くなっていく」弊社は、食事から、働き方を考えてます。

 

□内容ときっかけ

社員食堂に、コショウなどのスパイスやオリーブオイルなどを手軽に利用できる「調味料コーナー」があったらいいなあと品川の方が話してました。たしかに、食事にちょい足しすると、食卓が豊かに、楽しくなるなと思いました。自分なりに色々考えて見ました。

□おすすめする理由

食べ過ぎないで満足

味にアクセントがついて、満足が早まり、食べ過ぎない。

老化防止に

AGE(エージーイー、終末糖化産物)が増えず、抗酸化作用にも。(例:揚げ物にレモンや酢。パンやおにぎりにオリーブオイル)

簡単に

コショウ、サンショウ、ターメリック、パプリカ、カイエンペッパー、クミン、チリパウダー、ローリエ……いまは一般的なスーパーでも、手に入る身近なものが、抗AGE作用および抗酸化作用を持っていると考えられています。

ちょっとした工夫で、楽しく、体が喜ぶ食事になりますね。

 

引用『医者が教える食事術 最強の教科書――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68』(牧田 善二 著) より

画像提供:一般社団法人 日本香辛料研究会


コメントをどうぞ

*


pagetop